バストアップ方法と効果!

バストアップ方法と効果を紹介するサイト。

【貧乳とバストアップ方法】

バストアップした女性バストのサイズを決める最も重要な要素は、乳腺の発達具合です。女性ホルモンが活性化すると乳腺が発達し、脂肪細胞が大きくなりサイズアップします。大胸筋が強いとバストの形がよくなります。

バストアップ方法にはサプリメントや食事でホルモンの働きを補助する方法、乳腺を刺激するエクササイズ、直接乳腺や脂肪を注入する豊胸手術などの方法があります。特に効率的な効果が期待できるバストアップサプリ 人気は高く、市場にはかなりの数の商品が出回っています。

しかしバストアップサプリは過剰に摂取すると副作用の恐れもあるので、いくら早くバストアップしたくても飲みすぎには注意する必要があります。

市場にはたくさんのバストアップサプリが売られていますが、高品質なプエラリアが含まれていることが大きなポイントです。バストアップサプリ おすすめなのは純正プエラリア配合の「ぷるるん女神」と「B-UP」、値段は高いですが純度100%の「ベルタプエラリア」です。

■乳房の仕組み
乳房の大きさは、乳腺の発達具合で変わります。思春期や妊娠・出産を機に乳腺が発達し、周囲の脂肪細胞が大きくなることでバスト全体のサイズがアップします。

ただし大胸筋が弱いままだとバストを支えきれずにバストが垂れてしまいます。乳腺、脂肪、大胸筋の3つを満遍なく鍛えたり発達されることで、理想のバストが作られます。

■大豆でバストアップ
バストアップに多大な影響を与える乳腺は、女性ホルモンによって発達します。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、摂取することで乳腺の発達を促し、結果的にバストアップを図れます。

1日に摂取すべき目安は40から50mgで、これは豆腐半丁分、または納豆1パックで十分に摂取できる量です。

<PR>たかの友梨の口コミ暴露サイト【体験レポート※悪評は本当?】

■体型に合うブラジャーの選び方

四六時中ブラジャーを着けている女性にとって、ブラジャーのバストへの影響は気になるところです。ワイヤーの有無やワイヤーの材質、カップの大きさにホックの位置など、自分のバストに合ったブラジャー選びが大切です。

貧乳の人はワイヤー入りだと肩凝りになりやすいと言われています。はと胸の人にはフルカップ以外のブラジャーが合います。

最近では背中やワキの脂肪をブラジャーに寄せることでバストアップするという方法もあります。ガリガリの痩せ型の方は、まずは脂肪をつけてみるのもありかもしれませんね。

■バストアップ方法のヒアルロン酸注入手術

一般の豊胸手術と違い、身体に傷をほとんどつけず、手術も日帰り、30分ほどで終わる「ヒアルロン酸注入手術」が最近話題になっています。

欠点は半年から1年ほどで注入したヒアルロン酸が体内に吸収され、バストアップの効果がなくなってしまう点です。しかしSUB-Qという特殊なヒアルロン酸を注入することで、2年ほどまで効果を長続きするようになりました。

Latest Posts